エックスサーバーの表示速度について

webサイトを運営する者にとって、ページの表示速度は最も気になる点の1つだ。。

ページ全体のコンテンツの表示が早ければ早いに越したことはなく、逆に遅ければ遅いほど、閲覧に訪れたユーザーを逃がしてしまう原因になる。

表示速度=サイトを見てもらえるかもらえないか

と言っても過言ではない。
経験上、ページを表示するのに5秒以上かかってしまえば遅い部類に入ると認識している。
遅すぎるくらいかもしれない。

その点、エックスサーバーはまず遅すぎるといったことはない。

もちろんページのコンテンツ量や内容にもよるが、不安を覚えるほど表示速度に対して不満を持ったことはない。

他社では静的サイトだとそれなりに早く表示されるのに、動的サイトになった途端落ちてしまったのか?と思ってしまうほど遅いところもあった。

エックスサーバーではそういうこともなく、現状は動的サイトでも充分満足できるほどに表示速度も保ってくれている。

法人サーバーの口コミサイトでも評価も高く、これからサイト構築の上で必須となってくるであろうワードプレスなどのCMSを、何の気兼ねもなく導入出来る、という点は非常に大きく、確かなメリットと捉えることが出来る。

1つだけ要望があるとすれば、もう少しだけページを早く表示することが出来れば、大変うれしく思う。
体感速度的に、静的・動的が混じったページだと、動的なコンテンツ部分が少し表示が遅く感じられる。

サーバーの処理能力上仕方のないことなのだろうが、もし改善できるのならしてもらいたい。

検索エンジンのしくみ

インターネットで公開されている情報をキーワードを利用して検索できるようんサービスを提供しているサイトのことを検索エンジンと言いますが、これはインターネット上に公開されているページを自動的にデータベースに登録するロボット型サーチエンジンと、登録されたページがジャンル別に整理されているようなディレクトリ型サーチエンジンに分けられています。ですが、一般的に検索エンジンはロボット型サーチエンジンであり、キーワード検索をするといったことを差します。そして検索エンジン経由でサイトを探しに来るようなユーザーが多くて、中でもヤフーやグーグルが突出しているのです。そして自宅でヤフーの検索を利用しているようなユーザーは、82.8%であり、グーグルは約56%といったデータがあります。そして検索エンジン経由のユーザーはECサイトにおけるコンバージョン率が高いと言った調査結果がありますが、それは能動的に情報を探しに来るようなユーザーであり、顧客としてのポテンシャルも高いといったことがあるのです。
私の会社のホームページは、YAHOOで検索された時に上位表示されているため、ホームページ上から問合せがきています。
それほど検索エンジンの効果は高いものがあります。

ホームページ自作のデメリット

ホームページ自作のデメリットには、ホームページ作成に関しての勉強や知識が必要だといえますが、ホームページ自作を躊躇されるような方は、難しくて自分にはホームページを自作はできないと言ったことでしょう。

会社ホームページを作っていくのに必要なことは3つであり、パソコンとホームページ作成ソフトと、メールがかけるぐらいの文章作成能力です。

一番大事なことはホームページ作成ソフトの選定方法ですが、世の中で色々な作成ソフトがあるのですが、しっかりと選べるか選べないかといったことで、会社ホームページの完成度は全然違ってくるのです。

以前私はホームページビルダーでWEBサイトを作りました。

再生ソフトをしっかりと選択して見ればホームページ作成のための技術的な専門知識は必要ないのです。そして必要なことはメールをかけるといった程度の文章作成能力でしょう。

ホームページは専門知識がなくても作れるのですが、集客できるような立派な会社ホームページを作るといったこともできます。

SEO対策のコツ

中小検索エンジンの探し方は、グーグルで実際に検索をして見ればみつけられますが、キーワードは検索エンジンや検索サイトやサーチエンジンや登録などを組み合わせてみればいろいろと出て着ますから、探してください。

検索エンジンのリンク集を探して見て登録をしてみるといったことが速いでしょう。

中小検索エンジンはいくつか登録をしてみればいいですが、登録をしていく内容はどのような検索エンジンもあまり変わりませんから、あらかじめホームページ名や紹介文などをパソコンのメモ帳に作ってみれば登録時にコピペしてみるといったことのみで楽に登録できるのです。

基本的にはこうした中小検索エンジンからのアクセスは期待できないのですが、非リンクを作るといったことが目的であると思ってください。

一気Kにやりすぎればグーグルからスパムと判定されるようなことがありますから、少しっづつやってみるといったことがいいでしょう。